東京大学大学院情報学環

角川文化振興財団 メディア・コンテンツ研究寄付講座開設記念シンポジウム

メディアミックスの歴史と未来

2014年3月11日(火)13:00-17:30
東京大学本郷キャンパス情報学環・福武ホール 福武ラーニングシアターにて

 

登壇者:秦剛、佐野明子、キム・ジュニアン、大塚英志、吉見俊哉、角川歴彦、川上量生、マーク・スタインバーグほか

東京大学大学院情報学環

角川文化振興財団 メディア・コンテンツ研究寄付講座開設記念シンポジウム

メディアミックスの歴史と未来

2014年3月11日(火)13:00-17:30
東京大学本郷キャンパス情報学環・福武ホール 福武ラーニングシアターにて

 

登壇者:秦剛、佐野明子、キム・ジュニアン、大塚英志、吉見俊哉、角川歴彦、川上量生、マーク・スタインバーグほか

東京大学大学院情報学環

角川文化振興財団 メディア・コンテンツ研究寄付講座開設記念シンポジウム

メディアミックスの歴史と未来

2014年3月11日(火)13:00-17:30
東京大学本郷キャンパス情報学環・福武ホール 福武ラーニングシアターにて

 

登壇者:秦剛、佐野明子、キム・ジュニアン、大塚英志、吉見俊哉、角川歴彦、川上量生、マーク・スタインバーグほか

ストリーミング中継

ニコニコ動画による中継は、第2部(15:15-17:30)からを予定しています。
また本日は、ツイッターを使ったポレミックツイートという実験を行います。
会場にいらっしゃれない方も、ぜひストリーミングでご参加いただければと思います。

 

【ストリーミングURL】

http://polemictweet.com/iii-kadokawa-sympo2014spring/client.php

ストリーミング中継

ニコニコ動画による中継は、第2部(15:15-17:30)からを予定しています。
また本日は、ツイッターを使ったポレミックツイートという実験を行います。
会場にいらっしゃれない方も、ぜひストリーミングでご参加いただければと思います。

 

【ストリーミングURL】

http://polemictweet.com/iii-kadokawa-sympo2014spring/client.php

ストリーミング中継

ニコニコ動画による中継は、第2部(15:15-17:30)からを予定しています。
また本日は、ツイッターを使ったポレミックツイートという実験を行います。
会場にいらっしゃれない方も、ぜひストリーミングでご参加いただければと思います。

 

【ストリーミングURL】

http://polemictweet.com/iii-kadokawa-sympo2014spring/client.php

コンテンツの

歴史的ダイナミズムの検証

東京大学大学院情報学環は、一般財団法人角川文化振興財団からの寄付により、日本のポップカルチャーに関する教育・研究を国際的にリードしていくことを目的に、「角川文化振興財団メディア・コンテンツ研究寄付講座」を開設いたしました。(公式サイト: http://kadokawa.iii.u-tokyo.ac.jp/

本寄付講座の立ち上げを記念し、マンガ、アニメに代表される日本のコンテンツを成立させてきた歴史的ダイナミズムを検証するシンポジウムを開催します。世界各国のさまざまな分野の研究者に加え、まんが原作者の大塚英志氏、ドワンゴ代表取締役会長川上量生氏、KADOKAWA取締役会長角川歴彦氏などコンテンツ制作の前線で活躍する人物が登壇し、第一部ではアニメーション成立期に遡り、東アジア各国における初期アニメーション作品を米国アニメーションの影響という観点から比較・検証し、第二部では今日のメディア産業における第一人者と海外の研究者の議論を通じて、メディア環境とコンテンツ流通の関係性と可能性を議論します。

コンテンツの

歴史的ダイナミズムの検証

東京大学大学院情報学環は、一般財団法人角川文化振興財団からの寄付により、日本のポップカルチャーに関する教育・研究を国際的にリードしていくことを目的に、「角川文化振興財団メディア・コンテンツ研究寄付講座」を開設いたしました。(公式サイト: http://kadokawa.iii.u-tokyo.ac.jp/

本寄付講座の立ち上げを記念し、マンガ、アニメに代表される日本のコンテンツを成立させてきた歴史的ダイナミズムを検証するシンポジウムを開催します。世界各国のさまざまな分野の研究者に加え、まんが原作者の大塚英志氏、ドワンゴ代表取締役会長川上量生氏、KADOKAWA取締役会長角川歴彦氏などコンテンツ制作の前線で活躍する人物が登壇し、第一部ではアニメーション成立期に遡り、東アジア各国における初期アニメーション作品を米国アニメーションの影響という観点から比較・検証し、第二部では今日のメディア産業における第一人者と海外の研究者の議論を通じて、メディア環境とコンテンツ流通の関係性と可能性を議論します。

コンテンツの

歴史的ダイナミズムの検証

東京大学大学院情報学環は、一般財団法人角川文化振興財団からの寄付により、日本のポップカルチャーに関する教育・研究を国際的にリードしていくことを目的に、「角川文化振興財団メディア・コンテンツ研究寄付講座」を開設いたしました。(公式サイト: http://kadokawa.iii.u-tokyo.ac.jp/

本寄付講座の立ち上げを記念し、マンガ、アニメに代表される日本のコンテンツを成立させてきた歴史的ダイナミズムを検証するシンポジウムを開催します。世界各国のさまざまな分野の研究者に加え、まんが原作者の大塚英志氏、ドワンゴ代表取締役会長川上量生氏、KADOKAWA取締役会長角川歴彦氏などコンテンツ制作の前線で活躍する人物が登壇し、第一部ではアニメーション成立期に遡り、東アジア各国における初期アニメーション作品を米国アニメーションの影響という観点から比較・検証し、第二部では今日のメディア産業における第一人者と海外の研究者の議論を通じて、メディア環境とコンテンツ流通の関係性と可能性を議論します。

第1部:東アジア・アニメーションの『起源』

2014年3月11日(火)13:00-15:00

発表パネル

■開会挨拶:石田英敬(東京大学大学院情報学環メディア・コンテンツ研究機構運営委員長・同大学大学院総合文化研究科教授)

■登壇者
 秦剛(中国・北京外国語大学北京日本学研究センター副教授)
 佐野明子(桃山学院大学国際教養学部講師)
 キム・ジュニアン(東京造形大学客員研究員/日本アニメーション学会理事)
 大塚英志(ディスカッサント、国際日本文化研究センター教授/東京大学大学院情報学環特任教授)
 吉見俊哉(モデレーター、東京大学大学院情報学環教授・同大学副学長)

中国、日本、韓国における初の長編アニメーション作品『鉄扇公主』、『桃太郎 海の神兵』、『ホンギルドン』を比較・分析することで、ディズニー/フライシャーに代表される米国アニメーションの受容過程という観点から、東アジアにおけるアニメーション表現の成立を可能とした歴史的ダイナミズムを検証する。この検証を通して、アニメおよびアニメーションを巡る議論を、日本国内で完結するものとしてではなく、東アジアやアメリカ、さらにはより広い世界的動向のなかに位置づけ直していく。

第1部:東アジア・アニメーションの『起源』

2014年3月11日(火)13:00-15:00

発表パネル

■開会挨拶:石田英敬(東京大学大学院情報学環メディア・コンテンツ研究機構運営委員長・同大学大学院総合文化研究科教授)

■登壇者
 秦剛(中国・北京外国語大学北京日本学研究センター副教授)
 佐野明子(桃山学院大学国際教養学部講師)
 キム・ジュニアン(東京造形大学客員研究員/日本アニメーション学会理事)
 大塚英志(ディスカッサント、国際日本文化研究センター教授/東京大学大学院情報学環特任教授)
 吉見俊哉(モデレーター、東京大学大学院情報学環教授・同大学副学長)

中国、日本、韓国における初の長編アニメーション作品『鉄扇公主』、『桃太郎 海の神兵』、『ホンギルドン』を比較・分析することで、ディズニー/フライシャーに代表される米国アニメーションの受容過程という観点から、東アジアにおけるアニメーション表現の成立を可能とした歴史的ダイナミズムを検証する。この検証を通して、アニメおよびアニメーションを巡る議論を、日本国内で完結するものとしてではなく、東アジアやアメリカ、さらにはより広い世界的動向のなかに位置づけ直していく。

第1部:東アジア・アニメーションの『起源』

2014年3月11日(火)13:00-15:00

発表パネル

■開会挨拶:石田英敬(東京大学大学院情報学環メディア・コンテンツ研究機構運営委員長・同大学大学院総合文化研究科教授)

■登壇者
 秦剛(中国・北京外国語大学北京日本学研究センター副教授)
 佐野明子(桃山学院大学国際教養学部講師)
 キム・ジュニアン(東京造形大学客員研究員/日本アニメーション学会理事)
 大塚英志(ディスカッサント、国際日本文化研究センター教授/東京大学大学院情報学環特任教授)
 吉見俊哉(モデレーター、東京大学大学院情報学環教授・同大学副学長)

中国、日本、韓国における初の長編アニメーション作品『鉄扇公主』、『桃太郎 海の神兵』、『ホンギルドン』を比較・分析することで、ディズニー/フライシャーに代表される米国アニメーションの受容過程という観点から、東アジアにおけるアニメーション表現の成立を可能とした歴史的ダイナミズムを検証する。この検証を通して、アニメおよびアニメーションを巡る議論を、日本国内で完結するものとしてではなく、東アジアやアメリカ、さらにはより広い世界的動向のなかに位置づけ直していく。

第2部:創造と産業が拮抗するとき

2014年3月11日(火)15:15-17:30

ディスカッション

■基調講演「サブカルチャーというプラットフォーム」:
 角川歴彦(株式会社KADOKAWA取締役会長/一般財団法人角川文化振興財団理事長)


■ディスカッション登壇者
 川上量生(株式会社ドワンゴ代表取締役会長/スタジオジブリ・プロデューサー見習い)
 マーク・スタインバーグ(カナダ・コンコルディア大学Assistant Professor)
 阿部卓也(モデレーター、東京大学大学院情報学環特任講師)
 ※学生を交えたディスカッションもおこないます。

メディアミックスの運動は、新たなプラットフォームの出現とともにどのように変容するのか。日本におけるメディアミックス現象を鋭く分析した『Anime’s Media Mix』の著者マーク・スタインバーグ氏と新たなメディア・プラットフォームの提唱者・川上量生氏を壇上に迎え、未来のメディアとコンテンツ流通のあり方を見通す。

■閉会挨拶:大塚英志

第2部:創造と産業が拮抗するとき

2014年3月11日(火)15:15-17:30

ディスカッション

■基調講演「サブカルチャーというプラットフォーム」:
 角川歴彦(株式会社KADOKAWA取締役会長/一般財団法人角川文化振興財団理事長)


■ディスカッション登壇者
 川上量生(株式会社ドワンゴ代表取締役会長/スタジオジブリ・プロデューサー見習い)
 マーク・スタインバーグ(カナダ・コンコルディア大学Assistant Professor)
 阿部卓也(モデレーター、東京大学大学院情報学環特任講師)
 ※学生を交えたディスカッションもおこないます。

メディアミックスの運動は、新たなプラットフォームの出現とともにどのように変容するのか。日本におけるメディアミックス現象を鋭く分析した『Anime’s Media Mix』の著者マーク・スタインバーグ氏と新たなメディア・プラットフォームの提唱者・川上量生氏を壇上に迎え、未来のメディアとコンテンツ流通のあり方を見通す。

■閉会挨拶:大塚英志

第2部:創造と産業が拮抗するとき

2014年3月11日(火)15:15-17:30

ディスカッション

■基調講演「サブカルチャーというプラットフォーム」:
 角川歴彦(株式会社KADOKAWA取締役会長/一般財団法人角川文化振興財団理事長)


■ディスカッション登壇者
 川上量生(株式会社ドワンゴ代表取締役会長/スタジオジブリ・プロデューサー見習い)
 マーク・スタインバーグ(カナダ・コンコルディア大学Assistant Professor)
 阿部卓也(モデレーター、東京大学大学院情報学環特任講師)
 ※学生を交えたディスカッションもおこないます。

メディアミックスの運動は、新たなプラットフォームの出現とともにどのように変容するのか。日本におけるメディアミックス現象を鋭く分析した『Anime’s Media Mix』の著者マーク・スタインバーグ氏と新たなメディア・プラットフォームの提唱者・川上量生氏を壇上に迎え、未来のメディアとコンテンツ流通のあり方を見通す。

■閉会挨拶:大塚英志

会場

〒113-0033 東京都文京区本郷7-3-1

東京大学本郷キャンパス

情報学環・福武ホールB2階 福武ラーニングシアター

http://fukutake.iii.u-tokyo.ac.jp/access/index.html

 

最寄り駅からの所要時間:

 都営大江戸線 本郷三丁目駅 徒歩7分

 東京メトロ丸ノ内線 本郷三丁目駅 徒歩8分

 東京メトロ千代田線 湯島駅 徒歩20分

 東京メトロ南北線 東大前駅 徒歩10分

 

会場

〒113-0033 東京都文京区本郷7-3-1

東京大学本郷キャンパス

情報学環・福武ホールB2階 福武ラーニングシアター

http://fukutake.iii.u-tokyo.ac.jp/access/index.html

 

最寄り駅からの所要時間:

 都営大江戸線 本郷三丁目駅 徒歩7分

 東京メトロ丸ノ内線 本郷三丁目駅 徒歩8分

 東京メトロ千代田線 湯島駅 徒歩20分

 東京メトロ南北線 東大前駅 徒歩10分

 

会場

〒113-0033 東京都文京区本郷7-3-1

東京大学本郷キャンパス

情報学環・福武ホールB2階 福武ラーニングシアター

http://fukutake.iii.u-tokyo.ac.jp/access/index.html

 

最寄り駅からの所要時間:

 都営大江戸線 本郷三丁目駅 徒歩7分

 東京メトロ丸ノ内線 本郷三丁目駅 徒歩8分

 東京メトロ千代田線 湯島駅 徒歩20分

 東京メトロ南北線 東大前駅 徒歩10分

 

参加申込

入場無料(事前申し込み制)

参加資格:どなたでもご参加いただけます

次の三点を明記の上、件名を「3月11日シンポジウム参加申し込み」として下記の参加申し込み先アドレスまでお申し込みください。

 1. 氏名:
 2. 所属:
 3. 連絡先(e-mailアドレス):

参加申し込み先アドレス: event*kadokawa.iii.u-tokyo.ac.jp (*を@に変換してください)

※満席の際には、事前申し込みをされていない方はご入場いただけない場合がございます。

参加申込

入場無料(事前申し込み制)

参加資格:どなたでもご参加いただけます

次の三点を明記の上、件名を「3月11日シンポジウム参加申し込み」として下記の参加申し込み先アドレスまでお申し込みください。

 1. 氏名:
 2. 所属:
 3. 連絡先(e-mailアドレス):

参加申し込み先アドレス: event*kadokawa.iii.u-tokyo.ac.jp (*を@に変換してください)

※満席の際には、事前申し込みをされていない方はご入場いただけない場合がございます。

参加申込

入場無料(事前申し込み制)

参加資格:どなたでもご参加いただけます

次の三点を明記の上、件名を「3月11日シンポジウム参加申し込み」として下記の参加申し込み先アドレスまでお申し込みください。

 1. 氏名:
 2. 所属:
 3. 連絡先(e-mailアドレス):

参加申し込み先アドレス: event*kadokawa.iii.u-tokyo.ac.jp (*を@に変換してください)

※満席の際には、事前申し込みをされていない方はご入場いただけない場合がございます。

お問合せ・取材申込

■お問い合わせ(一般の方)

ご質問やお問い合わせは、下記までお願いいたします:

 東京大学大学院情報学環 メディア・コンテンツ研究機構
 TEL 03-5841-7907/FAX 03-5841-7907/
 E-mail: inquiry*kadokawa.iii.u-tokyo.ac.jp
 (*を@に変換してください)

 

■取材申込・お問い合わせ(メディアの方)
取材希望のメディア関係者の方は、件名を「3月11日シンポジウム取材希望」とし、下記項目をメール本文に記載いただき press*kadokawa.iii.u-tokyo.ac.jpまでご送付ください。 (*を@に変換してください)
 1) 貴社名:
 2) ご所属:
 3) 電話番号:
 4) ご芳名:
 5) ご取材形式: スチール or 撮影なし or動画*
 6) 緊急連絡先(携帯):
※動画での取材希望につきましては、個別にご相談させていただきます

 

メディア関係者の方からのご質問やお問い合わせは、下記までお願いいたします。
 東京大学大学院情報学環 メディア・コンテンツ研究機構
 TEL: 03-5841-7907 E-mail: press*kadokawa.iii.u-tokyo.ac.jp (*を@に変換してください)

お問合せ・取材申込

■お問い合わせ(一般の方)

ご質問やお問い合わせは、下記までお願いいたします:

 東京大学大学院情報学環 メディア・コンテンツ研究機構
 TEL 03-5841-7907/FAX 03-5841-7907/
 E-mail: inquiry*kadokawa.iii.u-tokyo.ac.jp
 (*を@に変換してください)

 

■取材申込・お問い合わせ(メディアの方)
取材希望のメディア関係者の方は、件名を「3月11日シンポジウム取材希望」とし、下記項目をメール本文に記載いただき press*kadokawa.iii.u-tokyo.ac.jpまでご送付ください。 (*を@に変換してください)
 1) 貴社名:
 2) ご所属:
 3) 電話番号:
 4) ご芳名:
 5) ご取材形式: スチール or 撮影なし or動画*
 6) 緊急連絡先(携帯):
※動画での取材希望につきましては、個別にご相談させていただきます

 

メディア関係者の方からのご質問やお問い合わせは、下記までお願いいたします。
 東京大学大学院情報学環 メディア・コンテンツ研究機構
 TEL: 03-5841-7907 E-mail: press*kadokawa.iii.u-tokyo.ac.jp (*を@に変換してください)

お問合せ・取材申込

■お問い合わせ(一般の方)

ご質問やお問い合わせは、下記までお願いいたします:

 東京大学大学院情報学環 メディア・コンテンツ研究機構
 TEL 03-5841-7907/FAX 03-5841-7907/
 E-mail: inquiry*kadokawa.iii.u-tokyo.ac.jp
 (*を@に変換してください)

 

■取材申込・お問い合わせ(メディアの方)
取材希望のメディア関係者の方は、件名を「3月11日シンポジウム取材希望」とし、下記項目をメール本文に記載いただき press*kadokawa.iii.u-tokyo.ac.jpまでご送付ください。 (*を@に変換してください)
 1) 貴社名:
 2) ご所属:
 3) 電話番号:
 4) ご芳名:
 5) ご取材形式: スチール or 撮影なし or動画*
 6) 緊急連絡先(携帯):
※動画での取材希望につきましては、個別にご相談させていただきます

 

メディア関係者の方からのご質問やお問い合わせは、下記までお願いいたします。
 東京大学大学院情報学環 メディア・コンテンツ研究機構
 TEL: 03-5841-7907 E-mail: press*kadokawa.iii.u-tokyo.ac.jp (*を@に変換してください)